医師紹介

理事長(小児科) 石原 義紀(いしはら よしのり)

昭和37年京都府立医科大学卒業。
昭和43年同大学院卒業。
胎児血色素の研究で博士号取得。
昭和42年~47年福井心臓血圧センター福井循環器病院小児科部長。
昭和47年福井愛育病院設立以来35年に渡って病院長として活躍。
平成20年名誉院長となる。
平成30年より理事長となる。
専門は小児循環器学、新生児学。

日本小児循環器学会特別会員
日本小児科学会名誉会員

患者さんに対する思いやりの心を大切にして、日々の診療に精励しています。
趣味はテニス、スキー、ゴルフ、切手収集など。

院長(産婦人科) 鈴木 秀文(すずき ひでふみ)

昭和61年広島大学医学部卒業。
京都府立医大付属病院、京都済生会病院などを経て平成7年より福井愛育病院産婦人科勤務。
専門は周産期。

医学博士
福井大学医学部産婦人科学教室臨床教授
日本産婦人科学会専門医
日本産婦人科学会指導医
母体保護法指定医
乳がん超音波検診実施医
新生児蘇生インストラクター

医師になって30年が経ちその間いろんな出産のお手伝いをさせていただきました。出産の素晴らしさも怖さも充分体験してきましたが、今でも常に新たな感動を覚えます。

趣味 音楽
長年バンド活動や作曲活動を行っています。興味のある方は是非下記URLまで!
https://soundcloud.com/boon-suzuki/tracks

子どもの心診療部部長 春木 伸一

昭和46年京都大学医学部卒業。
京都大学医学部附属病院、国立姫路病院に勤務後、昭和53年より福井県立病院小児科へ赴任。
小児科主任医長、中央診療センター長、母子医療センター長を務める。
平成19年より福井県子ども療育センター長に就任。
平成24年4月より福井愛育病院小児科に勤務する。

福井大学「子どものこころの発達研究センター」客員教授
日本小児科学会専門医
日本小児科医会「子どもの心」相談医

下手なゴルフで体を動かし、囲碁で頭の体操をしています。その他読書が趣味です。
子どもたちの心の健康促進や発達の保障に微力を尽くしたいと思っています。

副院長(小児科) 石原 靖紀(いしはら やすのり)

平成9年京都府立医科大学卒業。
平成9年京都府立医科大学小児科に入局し、大学病院にて研修後、済生会滋賀県病院小児科、福井愛育病院小児科勤務を経て平成13年京都府立医科大学大学院へ。
小児内分泌代謝グループにて研究し、平成17年大学院修了。
その後再度福井愛育病院へ赴任となる。
平成18年骨格筋由来造血幹細胞の研究で博士号取得。

日本小児科学会専門医
日本小児科学会指導医
小児循環器学会専門医
アレルギー専門医
PALS プロバイダー
地域総合小児医療認定医
子どもの心相談医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
ICD(Infection Control Doctor)
身体障害者福祉法指定医
医学博士(骨格筋由来造血幹細胞の研究)
京都府立医科大学臨床准教授
福井大学医学部学部臨床教授

子どもや家族の立場になって考えられる小児科医でありたいと思います

産婦人科部長 岡 秀明

昭和60年富山医科薬科大学(現富山大学)卒業。
平成6年に帰福し、福井総合病院、公立小浜病院勤務後、平成21年12月に福井愛育病院に赴任。
りんご病での母子感染の研究で博士号取得。

最初は小児科医志望でしたが、先輩より、産婦人科は産まれる 前の赤ちゃんを診られると言われ、産婦人科医となりました。
よろしくお願い致します。

小児科医長 平野 聡子(ひらの さとこ)

福井医科大学卒業。
福井医科大学医学研究科博士課程卒業。

日本小児科学会専門医

小児科部長 森岡 茂己

平成14年京都府立医科大学医学部卒業。
京都府立医科大学小児科学教室に入局、同大学病院で研修後、済生会滋賀県病院、石鎚会田辺中央病院を経て、再度大学病院勤務。
平成20年に京都府立医科大学大学院に進学し、小児神経グループで研究。
平成24年、福井愛育病院に赴任。
平成26年、博士号取得。

日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経専門医
PALSプロバイダー
新生児蘇生法「専門」コースプロバイダー

専門は小児神経ですが、他の分野に関してもこども達の笑顔のために日々頑張ります。
どうかよろしくお願いします。

小児科医長 田尾 克生(たお かつお)

千葉大学を平成17年に卒業して関東方面で新生児、循環器領域の研修を行っております。
平成26年に福井県に転居となり、県立病院、小浜病院の勤務の後に愛育病院にH29年より愛育病院に赴任。

小児科専門医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
小児慢性特定疾患指定医・難病指定医
現在、福井大学大学院にて、医学博士取得予定

新生児循環領域を専門にしていく予定です。
親身に医療をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

産婦人科医長 冨士井 杏子(ふじい きょうこ)

金沢大学医学部卒業
日本産婦人科学会専門医

小児科医員 葛城 卓弥(かつらぎ たくみ)

平成26年に近畿大学医学部を卒業。
その後、京都府立医科大学附属病院にて研修。
小児科に入局しました。
平成30年に福井愛育病院に赴任。

こども達が、日々楽しく過ごせるように頑張ります。
よろしくお願いします。

産婦人科医員 伊藤 太郎(いとう たろう)

平成26年 福井大学医学部を卒業
      福井赤十字病院で初期研修後
平成28年 福井大学医学部附属病院
      産科婦人科学教室に入局
平成29年 舞鶴共済病院(京都府)勤務
平成30年 小浜病院勤務

新生児蘇生法「専門」コースプロバイダー
ALSOプロバイダー

受診された皆さんに寄り添える医療を行っていきたいと思います。
宜しくお願いします。

産婦人科医員 田中 良明(たなか よしあき)

平成27年3月福井大学医学部卒業
平成27年4月福井赤十字病院初期研修医
平成29年4月福井大学医学部産婦人科学教室入局
平成30年4月福井愛育病院勤務

若輩者ですが、親しみやすい医師となれるよう日々診療を行っています。
よろしくお願いします。

小児科医員 喜多 優介(きた ゆうすけ)

平成27年3月 京都府立医科大学医学部卒業
     4月 京都山城総合医療センター初期研修医
平成28年4月 京都府立医科大学附属病院初期研修医
平成29年4月 京都第二赤十字病院小児科
平成30年4月 京都府立医科大学附属病院小児科
平成31年4月 福井愛育病院勤務

福井のこども達のために尽力したいと思います。
宜しくお願い致します。

顧問(非常勤・産婦人科) 山本 宝(やまもと たから)

昭和49年京都府立医科大学医学部卒業。
昭和54年~57年米国留学。
昭和57年京都府立医大大学院修了。(博士号取得)
平成7年~京都府立医大産婦人科助教授。
平成11年~京都府立医大付属病院産科臨床部長。
平成12年~福井愛育病院副院長就任。
平成20年4月より福井愛育病院病院長。
平成30年6月より顧問。

京都府立医大臨床教授(客員講師)
福井大学医学部臨床教授(客員講師)
日本産科婦人科学会専門医
日本女性医学学会認定医
女性ヘルスケア専門医
産婦人科指導医
女性ヘルスケア指導医
日本周産期新生児学会暫定指導医
日本医師会認定産業医
母体保護法指定医

「個々の患者さんに十分納得していただけるような診療を心がけています。心配なことや悩みがあればいつでも気軽に声をかけて下さい。」